書籍“密やかな結晶” 人の記憶

おすすめ書籍

博士の愛した数式を読んでから、自分はすっかり小川洋子さんの小説を信頼しています

今回は、“コロナ禍で世界を揺らぎを体験した私たち

人の根幹にあるものを問う1冊”と帯に書いてあった、小川洋子さんの密やかな結晶を読んでみました

冒頭、場面展開、感想の流れで書いていきたいと思います

密やかな結晶 新装版 (講談社文庫) | 小川 洋子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで小川 洋子の密やかな結晶 新装版 (講談社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。小川 洋子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また密やかな結晶 新装版 (講談社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

スポンサーリンク

冒頭

物がひとつずつ記憶から消失していく島があり、主人公はその島に住んでいる小説書きの女性です

その島には秘密警察という組織があり、記憶から消えた物を住人が隠し持っていないか、そして記憶が残っている者がいないか探しています

記憶から消失した物を隠し持っている人、記憶が残り続けている人を、秘密警察は捕まえ、何処かへ連れ去ってしまいます

どこに連れて行かれるのかは誰にも分かりませんが、二度と会えなくなることがほとんどでした

主人公の母は、記憶が消失しない人だったため秘密警察に連れ去られ、父も亡くなりました

そのため、主人公の理解者は、昔からの付き合いのおじいさん、そして小説の編集者のR氏の2人だけでした

しかしそんななかで、R氏から自分は記憶が消失していないことを打ち明けられます

場面展開

主人公は、小説の理解者であるR氏を助けたいがために、自宅の2階と1階の間に隠し部屋をおじいさんと作り、匿うことにしました

首尾良く準備は進み、秘密警察にばれることなく、匿うことに成功します

R氏は奥さんとお腹の子に会えなくなってしまいましたが、またいつか会えることを祈ります

R氏が隠れ部屋にいる間も、島では消失が起こります

写真、木の実、カレンダー、春、小説

そして地震による津波で流されてしまったおじいさんのフェリー

そして、その時の後遺症によるおじいさんの死

左足の消失

右腕の消失

実際に物はそこに存在しているはずなのに、自分の記憶からは抜け落ちているのです

最後、主人公は声だけ残り、身体は隠れ部屋に残したままその後消滅、秘密警察もいなくなり、R氏は隠れ部屋から出て行きました

感想

近年のコロナ禍の世の中、当たり前にあった日常がなくなっています

そしてこの本の主人公も、日常の何かが消失していきます

個人的にはおじいさんの死が1番悲しかったのですが、少しづつ記憶から何かがなくなっていく様子は、日常化してしまえば取るに足らないことのように思えますが、

それはそれで、なんだか悲しいなと感じました

この小説は1999年に刊行されましたが、なんともいえないコロナ禍でのこの気持ちを、この小説はうまく表しているように思います

密やかな結晶 新装版 (講談社文庫) | 小川 洋子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで小川 洋子の密やかな結晶 新装版 (講談社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。小川 洋子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また密やかな結晶 新装版 (講談社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました